1年半振りの来院。寝れない程の背中の痛み(2)

日々の記録(日記)

寝れない程の背中の痛みを訴え、1年半振りに来院された周南市在住の60歳代の女性ですが、1回目の施術後からズキズキした背中の痛みが消失したようですが、寝返り時に背中に軽い違和感が出て気になるとの相談を受けました。

初回の痛みは、検査の結果、①僧帽筋か②菱形筋のどちらかの筋肉が原因でしたが、寝返り時の背中の違和感は前回の筋肉とは違います。

背中(肩甲間部)にある筋肉は

①僧帽筋
②菱形筋
③上後鋸筋
④板状筋
⑤脊柱起立筋群(棘筋・最長筋・腸肋筋)
⑥横突棘筋群(多裂筋・回旋筋・半棘筋)
⑦肋間筋
⑧肋骨挙筋

になりますが、初回は腕を動かした時に痛みの増減がありましたので、腕の動作に関連する、①と②の筋肉と判断しましたが、寝返りの動作は脊椎を動かす筋肉になりますので、④⑤⑥。首を動かしても違和感に変化がありませんので、⑤か⑥の筋肉になります。

しかし、⑤と⑥の筋肉の中の、どの筋肉が原因かを特定するのは、細か過ぎて困難ですし、仮に原因筋を突き止めたとしても、触診でその筋肉を判断するのは不可能ですので、単純に硬結(凝り)や圧痛(押して痛い所)のある箇所に針(はり)をしました。施術後に寝返りをしてもらい違和感を確認したところ、ほとんど感じないとの事でしたので、念の為、前回と同じ箇所にも針(はり)をして施術を終了しました。

痛みがぶり返さないようであれば今回の施術は終了で、再度痛みが出るようであれば、すぐに来院するようお伝えしました。この方のように1回2回で、改善するケースは鍼灸院では珍しく、多くの場合、計画的に何度も来院して頂く必要があります。

1回の施術費用:¥3,000。

コメント

お電話はこちら