半年振りの症状はギックリ腰。

日々の記録(日記)

50m歩けないばかりか、立ち読みすら出来なかった坐骨神経痛の50歳代光市在住の男性が半年振りに来院されました。

坐骨神経痛の症状は疲れると違和感程度の不調が出るようですが、1日寝ると翌日には治るそうです。今回は坐骨神経痛ではなく、前日に左の腰をギクッと痛めたとの事で相談を受けました。

ぎっくり腰の多くは腰部多裂筋が原因であり、伸張反射(筋肉を伸ばそうとすると反射的に筋肉が収縮する)が異常亢進した状態だと個人的には捉えています。

その為、原因筋を伸ばすような動作(仰向けの状態から起き上がる、顔を洗う、靴下を履く)を取ると、筋肉が異常な収縮を起こし息が止まるような激痛が患部を襲います。

また咳やくしゃみも、迂闊にしてしまうと腰椎が屈曲(多裂筋が伸張)するので、どこに掴まってしようかと思う位の恐怖に襲われます。

ぎっくり腰は単純に原因筋に針(はり)が当たれば、息が止まるような激痛はその場でおさまります。しかし筋肉そのものは損傷をしていますので、完全に痛みが取れるまでに、数日を要します。

原因筋に針(はり)が当たらなければ、一向に症状の変化がみられませんので、ぎっくり腰は鍼灸師の腕の見せ所になります。

ぎっくり腰を改善する際には、患部である腰部だけでなく、腰部を悪くする原因である臀部(お尻)の筋肉(多くの場合、患部とは逆側のお尻)を緩める事で、今後の再発防止に繋がります。

この方の場合も坐骨神経痛は右側でしたので、右臀部と左腰部に干渉波と超音波と針(はり)をしました。

施術後は、苦も無くベッドから起き上がれる程度までに痛みが軽減しました。

ぎっくり腰の程度によって1回では完全に痛みが取り切れず、再度、伸張反射が異常亢進状態になる事がありますので、その場合には、日を開けずに続けて施術を行いますが、多くても3回もあれば十分です。

1回の施術費用:¥3,500。

アプローチした筋肉

①左多裂筋 ②右梨状筋 ③右中殿筋 ④右小殿筋

 ④

(図の引用:ヒューマンアナトミーアトラス)

コメント

お電話はこちら