孫の子守で腰痛が悪化した女性(60歳代女性・周南市)

症状

10年以上前から慢性的な腰痛があり、整形外科で湿布を処方して貰っていたが、孫の子守をするようになってから腰痛が悪化。朝の起床時や座った状態から立ち上がる時が特に痛む。

来院理由

湿布が効かなくなり困っていた所、友達に紹介され来院。

治療と経過

触るまでもなく、目で見ても両側の腰の筋肉がパンパンに張って盛り上がっていた。軽度の腰痛だと臀部の筋肉を緩めるだけで効果が期待出来るが、ここまで腰の筋緊張が強いと臀部だけでは到底、改善は期待出来ない。臀部3分ずつ、腰部3分ずつ合計12分、超音波をかけた後に鍼。臀部は梨状筋、小臀筋、中臀筋に、腰部は脊柱起立筋、腰方形筋にむけて鍼をした。

施術後、特に変化はみられなかったが、3日後、来院するよう伝えた。2回目、3回目と施術をするごとに少しずつ痛みが軽減。5回目の施術で痛みが消失した為、施術を終了した。痛みはないものの、疲れると腰部が張ってくると言う事で、日頃の手入れとして月1回から2回程度、来院するよう助言させて頂いた。

改善するまでに掛かった費用

3,500円×5回=17,500円

追記

その後、月1回のペースで来院。腰の手入れを継続中。

コメント

お電話はこちら