ヘルニアの術後も足の痛みが取れない会社員(40歳代男性・周南市)

症状

1年程前から、左の足に痛みと痺れが出るようになった。整形外科を受診するとヘルニアと診断。痛み止めと湿布で様子をみていたが、どんどん痛みが強くなる為、H28.6.14日に手術。術後も足の痛みと痺れには何の変化もなく、主治医からの説明に納得がいかない。現在、仕事は休職中。

来院理由

ホームページで検索したところ、当院がヒットした為、藁をもつかむ思いで来院。

治療と経過

ヘルニアによる症状は神経が圧迫される為、神経の障害を起こす。代表的な症状は排尿障害や下肢の筋力低下、或いは運動麻痺である。このような明らかな神経症状が出ている時は手術でしか改善出来ないが、そのような症状が出ていなければ、ヘルニアが原因でない事が多い。

この方の場合もヘルニアが原因による下肢の痛みではなく、鍼灸院に多く訪れる臀部由来の下肢の痛みである。

1回目の施術では何の変化も見られなかったが3日後に僅かに痛みに変化があったようである。3日から1週間のペースで来院して貰い、臀部の筋肉を緩める施術を行った。施術を行う事に薄皮を剥がすように症状に変化が見られた。19回目の施術で、痛みが消失し、痛み止めを飲む必要がなくなったようなので、一旦施術を終了した。

日常生活に悪くなる原因がある為、そこを改善しないと何度でも繰り返してしまう。この方は体重のかけ方に問題があった為、正しい加重の仕方を助言させて頂いた。

改善するまでに掛かった費用

3,500円×19回=6,6500円

コメント

お電話はこちら