写真のデータがほとんど消えた為、比較するには少し分かりにくい画像になりますが、私の実体験をもとにお話をさせて頂きます。

40歳を過ぎた頃から、お腹周りに脂肪がついてきましたので、ダイエットを行いました。まず最初に行ったのが、間違えたダイエット方法です。

施術者は、身長175cm、年齢は42歳です。

まず1枚目の写真です。ダイエット前の写真がないので、ダイエット後の写真になります。週3〜4回。食事制限をしながら1〜2時間の有酸素運動をストイックに行いました。主なトレーニングは水泳とジョギングです。有酸素運動は脂肪が燃焼されますが、同時に筋肉も削げてしまいます。この体型は少ないエネルギーでも長く動く事が出来る省エネ体型ですので、食べると、すぐに太ります。2ヶ月で体重を5kg落として59kgです。

20170220_100300

 

 

そこで、ダイエット方法を切り替えました。2枚目の写真がそうです。毎日ガツガツ食べながら、15分の筋トレを週2回行いました。この体型は筋肉がカロリーを消費しますので、燃費が悪くなります。その為、食べても太りにくくなります。半年で体重が7kg増えて、66kgです。

20170220_100159

 

 

その後、週2回の筋トレを継続しながら、食事を通常の量に戻しました。3枚目の写真です。有酸素運動を行っていた頃より、筋肉がついて代謝が良くなっているので、有酸素運動や食事制限をしなくても自然と皮下脂肪が減っていきます。3ヶ月で3kg減の63kgです。

1504697153682 - コピー

 

 

世の中、間違ったダイエット方法が氾濫しています。正しい知識で正しく努力をすれば誰でも太りにくい体質を手に入れる事が出来ます。ダイエットと言うと体重ばかりに目を向けてしまいがちです。脂肪を落とすと必ず筋肉も落ちてしまいますので、体重を落とす事ばかりに目を向けたダイエットをすると必ずリバンドします。

体重ではなく、食べても太らない身体を作る事を目指しましょう。