お尻には、男女問わずに皮下脂肪がついています。加齢により筋肉が衰えてくると、大臀筋の張りがなくなり、脂肪の重さでお尻が垂れさがってきます。

張りのあるヒップを維持する為には、まずは大臀筋を鍛える必要がありますが、それだけでは不十分です。臀部の位置は、骨盤の傾斜によっても変わってくるからです。特に女性の場合は男性と比較するとお尻が大きい為、骨盤の向きの影響を受けやすくなります。

お腹の深部にある大腰筋が発達すると、腰椎を前に引っ張っりますので前弯が強くなり骨盤が起きてきて、大臀筋の位置が高くなります。逆に大腰筋が衰えてくると、腰椎の前弯が減少しますので骨盤が後ろに倒れてしまい、大臀筋の位置が低くなります。

バレーダンサーのように腰が反った状態だとヒップが上がり、逆だと下がるのです。

まず大臀筋のトレーニングですが、ジムに行ける方は、ビッグ3の一つ、デッドリフトが良いでしょう。自宅でする場合にはダンベルランジで鍛える事が出来ます。初心者の方はダンベルがなくても大丈夫です。

次に大腰筋のトレーニングですが、ジムに行ける方はデクラインシットアップ、自宅ではレッグレイズが良いと思います。

P_20170215_202533

デッドリフト

 

 

P_20170215_202632ダンベルランジ

 

 

P_20170215_202507デクラインシットアップ

 

 

P_20170215_202649レッグレイズ