体重がかかると、お尻が痛む高校生(女子・周南市)

症状

高校では陸上部に所属。3週間前から右股関節が痛くなり、10日前から右のお尻が痛くなった。安静にしていると痛まないが歩行時に体重がかかると痛む。整形外科の検査では異常なし。湿布を処方される。しばらく様子を見ていたが治る気配がない。

来院理由

母親に当鍼灸院を紹介された。

治療と経過

左臀部に超音波と鍼を行い、臀部の筋緊張を取り除いた。施術後、歩行時の痛みは消失。3日後に来院された時には、日常生活での痛みはなくなったが走ると痛むとの事。2回目の施術後、外を走って貰って痛みが出ない事を確認し、施術を終了した。

お尻(臀部)の痛みは高齢者に多い症状である。本来であれば、ももの筋肉とお尻の筋肉で体重を支えるのだが、高齢などにより、ももの筋肉が弱ると膝をロックして、お尻の筋肉だけで体重を支えるようになる。そうなると、お尻の筋肉に大きな負担がかかり、痛みが発症する。今回のケースでは陸上の練習により負担がかかったようである。

当鍼灸院が最も得意とするのが、お尻の痛み(臀部痛)である。これは、臀部は筋肉や脂肪が厚く、長い鍼でしか目的の筋肉を刺激する事が難しいからである。

改善するまでに掛かった費用

3,500円×2回=7,000円

コメント

お電話はこちら