坐骨神経痛

何らかの原因で神経が圧迫されると坐骨神経に沿った痛み(お尻から足にかけて)が出ます。

病院の検査で異常が見つかれば、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどと言った病名が付けられますが、画像所見では何の異常も見つからない場合でも、坐骨神経に沿った痛みが出る事があります。

病院で異常が見つからないのに、何故、痛むのでしょうか。

 

その原因は筋肉です。

 

当鍼灸院で考える、筋肉由来の坐骨神経痛は

 

(図の引用:フィットネスの勧めホームページより)

① 腰の筋肉(多裂筋)の異常緊張により、(椎間孔が狭くなり)神経を圧迫。

 

(図の引用:ザムストホームページより)

② お尻の筋肉(梨状筋)の緊張によって神経を圧迫。

 

(図の引用:トリガーポイントネットホームページより)


③ お尻の筋肉(中・小殿筋)の緊張によって関連痛を起こしている。
以上の3パターンがあると考えております。

 

筋肉由来の痛みであれば、原因筋を緩める事で

 

必ず症状は軽減していきます。

 

何処に行っても治らない坐骨神経痛の原因は、原因となる筋肉が身体の深部にあり、手で緩める事が困難な事。

機械を使って深部の筋肉まで刺激が届いたとしても、筋肉はある一定レベルまで硬くなると、高出力の医療用物療機器を用いたとしても、なかなか緩まない事。の2点があげられます。

その2つの問題点を解決してくれる鍵が鍼(針・はり)です。ただし、トップページでも記載していますが、筋肉の状態によっては鍼を用いたとしても、薄皮を剥がす程度にしか改善が見られない事があります。

劇的に症状が改善する方と、徐々にしか改善しない方との差は、悪くなった筋肉の状態です。あまりにも筋肉が悪くなると鍼を使ったとしても改善に導く事が出来なくなりますので、なるべく早めに筋肉を正常な状態へ戻す事をお勧めします。


脊柱管狭窄症

(図の引用:ダスキンヘルスレントホームページより)

主な病態は

  • 黄色靭帯の肥厚
  • 椎間板の膨隆
  • 椎体の変形、骨棘

によって神経が圧迫されて、お尻から脚にかけて痛みと痺れが出ます。

 

一般的には加齢による変性と言われていますが、若い人にも起きる事から、仕事などで腰に機械的負荷の掛かる事が原因ではないかと言われています。

 

(図の引用:脊柱管狭窄症ひろばホームページより)

腰を後屈すると脊柱管が狭くなる為、症状が悪化し、前屈すると脊柱管が広がる為、症状が軽減ないし消失します。

 

(図の引用:みなみすな整体院ホームページより)

間欠性跛行と言って、連続で歩く事が困難になる事もあります。

 

残念ながら変性した組織を元に戻す事は出来ませんが、腰の筋緊張を取り除く事で症状の軽減が見込めます。又、筋緊張を取り除く事で腰への機械的負荷を減らし、血流を改善する事で、変性の進行を抑制する効果が期待できます。

経験上、病院で腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断されても、多くは腰部の筋肉(多裂筋)を緩める事で、症状が軽減ないし消失します。

腰部の後屈による症状の悪化や、連続で歩く事が困難な間欠性跛行は、腰部脊柱管狭窄症ではない筋肉による坐骨神経痛でも起こります。


椎間板ヘルニア

(図の引用:メディカルノートホームページより)

ヘルニアは本来、治りやすい性質を持っていますので、一部の状態を除き(馬尾型)、多くは手術の必要はありません。

 

(図の引用:小山整骨院ホームページより)

時間の経過とともに、飛び出たヘルニアは異物としてマクロファージ(貪食細胞)によって食べられ、自然治癒します

再発予防の観点からは、当鍼灸院の筋肉に対する施術は有効ですが、ヘルニアによる坐骨神経痛は筋緊張を取り除く事で目に見えて症状が改善する事はありません

ヘルニアが自然に退縮するまでは、整形外科での検査や投薬治療を優先する事をお勧めします。


まとめ

当鍼灸院で

対応できる坐骨神経痛は

①腰部の筋緊張(多裂筋)による神経圧迫
②臀部の筋緊張(梨状筋)による神経圧迫
③臀部の筋緊張(中・小臀筋)による関連痛
④脊柱管狭窄症による神経圧迫(手術の必要性のない軽度~中程度な状態)

対応できない坐骨神経痛は

①椎間板ヘルニア
②重度の脊柱管狭窄症
③癌などによる神経圧迫

 

お電話はこちら